「60歳からはじめる『のどピコ体操』」 高牧康著

公開日: 更新日:

 アンチエイジングといえば、脳トレや足腰の衰えを防ぐ運動が真っ先に思い浮かぶが、“のど”に注目している人はどれだけいるだろうか。

 口から食べておいしいと感じる幸せは、人間の生きる基本。万が一寝たきりになっても、食べる喜びは最後まで保ち続けていたいものだ。そのためにも、のどのアンチエイジングでのみ込む力を維持し続けることは、体のどの部位を鍛えるよりも重要と言える。本書では、のどのフレイル(衰え)を招く原因を解説しながら、のどの鍛錬に役立つさまざまなエクササイズを紹介している。

 定年退職したり子供が巣立つなどして、会話の機会が減少してしまう中高年は少なくない。のどのフレイルの主な原因は、声を出さなくなることにある。年齢を重ねるほど、日々の生活の中で意識して声を出すことを心がける必要がある。

 試しに、出しやすい声の高さで「あー」と長く発声してみよう。男性で15秒、女性で12秒以上声を出し続けられない場合、声帯の萎縮が始まっており、のみ込む力も衰えている可能性が高いという。口を開けたときに奥に見える口蓋垂、本書では“のどピコ”と呼ぶいわゆるのどちんこが、収縮して後ろに反り返るような状態になると、のど全体の筋肉が使われ、鍛えられていることになる。

 例えば、「赤パジャマ、青パジャマ、昼間のパパ邪魔」という早口言葉を裏声で読んでみよう。裏声発生は地声発生よりものどの運動量が多く、のどピコも反り返る。またパ行とマ行はのどピコの上下運動を活発にする作用がある。

 ほかにも、「チッ」という舌打ちで三三七拍子をするのも、舌を鍛えてのみ込む力の強化に役立つという。のどのフレイル予防を習慣づけよう。

(PHP研究所 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る

人気キーワード