「日めくり怪談」吉田悠軌著

公開日: 更新日:

「荻窪駅の近くって、異世界に通じているみたいですよ」と、サトシくんが怪情報を教えてくれた。ある女性が、歩きスマホをしながら荻窪駅から新荻窪駅に向かっていた。2つの駅をつなぐ道はいつも乗り換えの人で混み合っている。ふと顔を上げると周囲の人びとが消え、まったく見覚えのない場所に立っている。駅の近くなのに、周囲は田畑だ。あちこちにアラビア文字とハングル文字を合わせたような字体の看板が……。

 そんな話を聞いた「私」はネットの地図を確認したが、いくらクリックしても「新荻窪駅」が表示されない。いつもJR中央線からあの私鉄に乗り換えるとき、利用しているのに……。(「7月18日」)

 日めくりで楽しめる365話の怪談。

(集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る