「上級国民/下級国民」橘玲著

公開日: 更新日:

 ネットに蔓延(まんえん)する「上級国民/下級国民」という表現には、努力によって階級を移動できる「上層階級/下層階級」とは異なり、個人の努力が役に立たない冷酷な自然法則のようなものというニュアンスが込められている。著者は、いったん下級に落ちてしまえば、下級として老い、死んでいくしかなく、幸福な人生を手に入れられるのは上級だけとの思いを、多くの日本人が抱いていると指摘する。

 本書は、バブル崩壊後の労働市場がどのように下級国民を生み出したのかを解説。さらに下級国民が共同体からも性愛からも排除され、結果的に下級は生涯独身、上級は事実上の一夫多妻を実現している事実を明らかにする。日本だけでなく世界中で進行する、こうした分断の正体を論じた社会論。

(小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る

人気キーワード