• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「80’sエイティーズ」 橘玲著

「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」などに代表される投資や経済をテーマにした指南書や「マネーロンダリング」などの小説で定評のある著者による、初めての自叙伝的エッセー。

 何をやるべきかを模索していた大学時代を経て、日本がバブル期へとかけのぼっていった80年代、その崩壊を目撃した90年代に至るまでの時期を、著者の青春と重ね合わせながらつづっている。

 大学でロシア文学を専攻したがために就職先がなかなか決まらなかったこと、マクドナルドのバイトで出会ったある人の一言をきっかけに出版社に職を見つけたこと、ティーン雑誌の編集長時代、出版差し止め仮処分事件や差別表現についての体験、オウム真理教の地下鉄サリン事件の余波など、個人の回顧録にとどまらず、80年代の日本の空気を世の中の動きとともに紹介していく。

 海外宝くじビジネス、ドラッグカルチャーなどにも触れられており、著者の視野の広さの秘密を垣間見ることができる。(太田出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る