太田肇(経営学者・同志社大学教授)

公開日: 更新日:

10月×日 朝の授業に遅れまいと地下鉄の階段を急ぎ足で降りていたら、左膝に激痛が走った。目の前に停まっている電車に乗ることもできない。昨年から小康状態を保っていた関節痛が再発したのだ。それ以来、片足を引きずりながら歩き、手すりにつかまって階段を上り下りする生活が続いている。

 実は膝だけでなく両肩、そして背中にも慢性的な痛みがあり、いずれも週3日通っているスポーツジムで痛めたものだ。治すためにはジムを休んだほうがよいとわかっていても、休むと自分に負ける気がして踏み切れない。「何のこれしき」と金具のついた特製サポーターを膝に巻きつけ、今日も若い人たちと一緒に汗をかいている。

10月×日 ある学会からまた会費納入の督促メールが届いた。付き合いで渋々入会したものの興味がなく、一度も参加したことがない学会だ。会費がもったいないので退会したいが、退会届を出すと角が立つので籍だけは置いている。もっとも、やめる勇気がないのは私だけではなく、多くの学会はこのような幽霊会員によって資金面で支えられているのが実態だ。

10月×日 通勤途中で書店に立ち寄ったところ、野本響子著「日本人は『やめる練習』がたりてない」(集英社 780円+税)というまさに正鵠を射たタイトルが目にとまった。マレーシアで暮らす著者によると、子どものときから常に自分で選択する環境で育てられるマレーシアの人びとは、学校も会社も嫌になったらすぐやめる。人間関係も嫌ならサヨナラすればよいので、すぐ友だちになれるそうだ。

 いじめ、働き過ぎ、ストレスによるうつや過労死……。いま私たちの国で起きている深刻な社会問題は、「やめられない」という生真面目さが関係しているケースが多い。学校でも職場でも、がまんや成功体験がいかに大切か教えられてきたが、やめる勇気や失敗体験のほうにも目を向けるべきではなかろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る

人気キーワード