柚木麻子(作家)

公開日: 更新日:

9月×日 「田辺聖子さん お別れの会」に。展示してある田辺さんの写真を眺めて、直木賞選考会でも男性陣の中でポンと一人赤いセーター姿でいらっしゃるような、そのビビッドなお洒落に感動する。手をとりあって一列に並ぶ女の人がモチーフになったものすごく可愛らしいセーターを着ていらっしゃって、欲しくて仕方がない。

9月×日 鉄道好きの夫に付き合い大阪に。「大阪梅田駅」へと名前が変わってしまう最後の阪急「梅田駅」を見納めしようという趣向である。阪急電車に揺られていたら、車窓からとんでもなく可愛い看板を見つけて興奮し、長岡天神で途中下車。「喫茶フルール」というシャンデリアと鯉の泳ぐ池のある喫茶店である。 こういうお店を見るたびに、すぐにでもLINEを送りたくなるのが、ロマンチックな独自の視点を持つ、甲斐みのりさんである。新刊「一泊二日 観光ホテル旅案内」(京阪神エルマガジン社 1600円+税)も、確かに日本のホテルのはずなのに、どこの国でもない、ときめきの世界に見えたものだ。

10月×日 11月5日に発売予定の、山内マリコさんと一緒に責任編集を務めるエトセトラブックス刊行マガジン「エトセトラ」VOL・2の「We ♥ Love 田嶋陽子!」。いよいよ編集作業も大詰め。忙しいけれど、依頼させていただいた執筆陣の一人の伊藤春奈さんの新刊「『姐御』の文化史」(DU BOOKS 2200円+税)に夢中だ。

 ハリウッド映画のような女ヒーローが、実は日本にも江戸時代から、フィクションと現実両方に存在してたという、丁寧な検証に引き込まれる1冊。ホモソーシャルそのもののような幕末モノ、任侠映画や時代劇にも、女性をエンパワメントする要素がある、という伊藤さんの見方に世界が広がる。いなせな姐御がスカッとした啖呵を切る姿はみんな大好きなものだけれど、誰しもそこに抑圧に負けない勇気を感じ取っているからこそ、人気なのだな、とわかる。田嶋さんの功績も重なる気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る

人気キーワード