「しらふで生きる」町田康著

公開日: 更新日:

 23歳から53歳までの30年間、一日も欠かすことなく酒を飲み続けた著者は、酒飲みとしての人生におおむね満足し、このまま飲み続けていつか死ぬのだろうと漠然と思っていた。

 ところが平成27年12月末、酒を飲むのをやめようと突然思ってしまった。なぜそんな考えが湧いたのか釈然としないまま、酒を飲みたい欲求とやめたいという考えの板挟みになりながら、禁酒について考え始める。飲みたいと暴れる肉体をどう制御するか、禁酒会への参加や嫌酒薬について、禁酒宣言をするかしないか、年末年始や旅行時の飲酒への誘惑などなど、さまざまなことを考察しつつ、酒飲みだった頃と違う別の認識を手に入れる中で、気がつけば酒を飲んでいない期間が半年、1年と延びていく。酒を断ったことで得た効果はすさまじく、痩せて、眠れて、仕事がはかどって、小さなことにも喜びを見いだす自分になっていた――。

 本書は、禁酒にまつわる内面の葛藤をユーモラスな筆致でつづった禁酒エッセー。禁酒への道のりを内省する過程は、今までとは違う生き方をしたいと試みる人の誠実な挑戦のあり方のようにも感じられる。

(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  10. 10

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る