「ヤンバルの深き森と海より」目取真俊著

公開日: 更新日:

 2018年12月、辺野古新基地建設のため、沖縄の海に埋め立て用土砂が投入された。防衛局は埋め立て用土砂の細粒分などの割合を10%前後と申請したが、業者への発注では「40%以下」としている。この砂浜はウミガメが産卵し、ジュゴンも生息していたが、土砂投入後、海は赤茶色に染まり、今帰仁村の沖ではジュゴンの死骸が発見された。

 辺野古新基地建設でヤンバルに海兵隊基地が集中すると被害の拡大が予想される。1995年には小学生が米兵3人に暴行される事件があった。日本人の大多数は、日米安保条約は必要だから、沖縄の人には気の毒だが我慢してほしいと考えていると、目取真は指摘する。

 目取真が2006年から2019年までに発表した評論を収録。 (影書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る