「2025年のデジタル資本主義」田中道昭著

公開日: 更新日:

個人情報

 コロナ禍で「リモート化」が広がったが、本書はリモートの基盤となるデジタル化は「破壊」をもたらすと警告する。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の成長は直線というより倍々ゲーム型のエクスポネンシャル(指数関数的)なもの。それゆえアマゾンの独り勝ちで多くの書店が廃業に追い込まれるような「破壊」が起こるのだ。

 しかし今後は「プライバシーテック」が重要と、立教大ビジネススクールで教壇に立つ著者はいう。特に注目するのがアップル。同社もユーザーの個人情報を大量に保有するが、これをビジネスには利用しないと言明。データの利用はユーザーの選択を最大限尊重するとしているからだ。それでも現代のアメリカでは不十分との批判もあるという。

 著者は広告表示でユーザーも利益を得るという新しい広告表示の例などを紹介し、「プライバシーテック」の可能性を具体的に伝えている。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る