「『2020』後 新しい日本の話をしよう」河合雅司著

公開日: 更新日:

人口減少

 ウィズコロナ時代の日本にとって最も大事な課題。それはコロナの前からある人口減少問題だ。リモートワークで自宅にこもることが増えるといっても晩婚化と少子化の流れが変わるわけではない。50歳で一度も結婚経験のない「生涯未婚率」は90年を境に上がり続け、2040年には男の3人に1人、女の5人に1人は未婚のままになるという。

「人口減少対策総合研究所」の理事長を務める著者は、コロナの影響を織り込んで社会をつくり替えることが大事だという。コロナ禍で企業が休業に追い込まれ、消費が激減する状況は「人口減少で国内マーケットが縮んだあとの日本の姿を想起させる」。それゆえ重要なのはウィズコロナを念頭に「戦略的に縮む」こと。しかしそのためには過去の成功体験にしがみつかないことが重要。

 ただし本書はわかりやすい処方箋を示さない。危機的な現状をわかりやすく示すことで若い世代の奮起を促しているようだ。

(講談社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る