「悪魔に愛されたボクサー」丸山幸一著

公開日: 更新日:

 奇妙な夢を見た。黒人ボクサーのイサヤ・イコニが、ずっと見つからなかった20年以上も前のスクラップブックの在りかを教えてくれたのだ。そのスクラップの中に、自分が触れたくない何かがあったのか。それはあるボクサーとの交流を自分でつづった覚書だった。

 1967年に入門したジムで出会ったのが、プロボクサーの篠田だった。その頃、共同生活をしていた郁子によく篠田の話をしたが、2人を会わせたくはなかった。郁子は私の思慮深さや洞察に引かれていたが、実はそれは篠田の受け売りだったからだ。だが、ある日突然、篠田がアパートを訪れ、「今日からオレもここに住む」と言った。

 ベテランのボクシングライターによる私小説3編。

(松柏社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る