「歴史家と少女殺人事件 レティシアの物語」イヴァン・ジャブロンカ著 真野倫平訳

公開日: 更新日:

 2011年1月、フランス南部のナント近郊に住む18歳のレティシア・ペレが誘拐・殺害され、数週間後、遺体はバラバラの状態で発見された。レティシアは幼い頃から家庭環境に恵まれず、双子の姉ジェシカと共に養護施設で育ち、その後、里親家庭に預けられていた。

 不遇な環境で育った若く美しい女性が無残に殺されたことで、マスコミは連日、過熱した報道を繰り広げた。また犯人が釈放されて1年未満の「性犯罪の多重累犯者」だったことから、当時のサルコジ大統領が司法による受刑者の追跡調査の不備を激しく批判し、それに反発した司法官たちが前代未聞の大規模ストライキを決行。さらには姉妹の里親が、姉ジェシカを含む複数の里子女性に性的暴行を働いていたとして逮捕されたことで、事件は一大スキャンダルに発展していく――。

 本書は、こうして誕生した「三面記事事件」(日本でいえばワイドショー事件だろうか)を、歴史研究の対象としてこの事件の意味を考察したものだ。事件を外から眺めるのではなく、ジェシカはじめ事件関係者から直接話を聞き、併せて、社会、家族、子供、女性の置かれた条件、大衆文化、さまざまな形の暴力、メディア、司法、政治、市民社会の空間などに目を向け、広い視野のもとで事件の深層に迫っていく。

 レティシア姉妹の父親は始終妻に暴力を振るい、すぐに離婚。その後、母は父を強姦罪で告訴し有罪となるも、母はうつ病に陥る。ようやく家庭らしい落ち着きを得たかと思ったら、里親が姉を性の対象にしていた。それを知ったレティシアはショックを受ける。絶望的な思いに駆られる一方で、自立して新しい生活に踏み出そうとした矢先に、犯人のメイヨンと出会う。

 メイヨンの母は実の父親に強姦され、父がアル中で暴力を振るっていたという。似たような環境に育った2人が不幸な遭遇をして、悲惨な事件が起きてしまうのだ。

 単なる時系列ではなく、過去と現在を往還しつつ複層的な視点から事件を描き、犯罪ノンフィクションとしても秀逸。 <狸>

(名古屋大学出版会 3600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

人気キーワード