「とてつもない嘘の世界史」トム・フィリップス著 禰冝田亜希訳

公開日: 更新日:

 至るところに大量の嘘やデマが出回っている。政治情報にせよ、感染症情報にせよ、何が本当で何が嘘なのか、確かめるすべもなく途方に暮れることも多い。しかしこれは、本当に現代特有の現象なのか。本書は、元オンラインメディアの編集ディレクターで、今はフェイスブックが事実検証の審査を行っている非営利団体フル・ファクトで編集者を務める著者が、繰り返してきた嘘の歴史について、さまざまな角度から考察したもの。

 どんな時代にも嘘による「荒らし」は存在し、人は真実よりも根拠のない作り話を拡散し、でたらめを重ねてきた。たとえば、米国建国の礎を築いたベンジャミン・フランクリンは、ほらをふく名手だった。印刷屋時代にはライバルの学友を装い嘘の死亡情報を流して売り上げを伸ばし、政治の道に入ると、先住民が米国独立軍を殺して頭の皮を剥いだというデマを国外に流して講和条約を有利に進めるなど、嘘を狡猾(こうかつ)に使った。嘘に対処するには、検証する労力をいとわないこととする著者は、巻末に参考文献を掲載している。まさかと思ったら、文献原文にあたると唖然とさせられるかも。

(河出書房新社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード