「隣人X」パリュスあや子著

公開日: 更新日:

 新卒派遣社員として半年契約で働いている土留紗央は、土曜日の朝、母に揺り起こされた。臨時ニュースで〈NASAが地球外生命体との接触に成功。アメリカ合衆国は「惑星難民X」として受け入れる方針を発表〉というテロップが流れている。記者会見に宇宙飛行士と、彼に容姿も声も瓜二つの、自称「惑星生物X」が現れた。「惑星生物X」は把握能力、擬態能力にたけているため、対象の外見、考え方、言語まで、スキャンするように取り込むことができるという。やがて「惑星難民受け入れ法案」が可決される。

 生きづらい日々を送る3人の女性と、命がけで地球にたどり着いた惑星難民の人生が交差する、現代社会を風刺したSF文芸小説。

(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード