「レームダックの村」神林長平著

公開日: 更新日:

 世界中の電子データが蒸発し、「マネー」が一夜にして消えた。世界の金融システムは崩壊し、各地で騒乱が多発する非常事態宣言による報道管制が敷かれたが、政府官邸と直接つながる進化情報戦略研から依頼されて、新聞記者の真嶋兼利は地方都市の現状視察に。

 ところが、高速道のサービスエリアでカイタとヒミコに襲われ、山間の村に連れて行かれる。2人は大金を盗んで追われているようだった。カイタの「叔父貴」は公安のスパイを始末したことから、このムラに身を隠すことになったという。このムラは内閣情報調査室の部門から殺しを請け負う機関だったが、〈地球の意思〉という組織に攻撃されていた。

 終末的な世界を描くSF長編小説。

 (朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る