「レームダックの村」神林長平著

公開日: 更新日:

 世界中の電子データが蒸発し、「マネー」が一夜にして消えた。世界の金融システムは崩壊し、各地で騒乱が多発する非常事態宣言による報道管制が敷かれたが、政府官邸と直接つながる進化情報戦略研から依頼されて、新聞記者の真嶋兼利は地方都市の現状視察に。

 ところが、高速道のサービスエリアでカイタとヒミコに襲われ、山間の村に連れて行かれる。2人は大金を盗んで追われているようだった。カイタの「叔父貴」は公安のスパイを始末したことから、このムラに身を隠すことになったという。このムラは内閣情報調査室の部門から殺しを請け負う機関だったが、〈地球の意思〉という組織に攻撃されていた。

 終末的な世界を描くSF長編小説。

 (朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード