京セラ 稲盛和夫「稲ちゃん、これは絶対にうれないよ」と

公開日: 更新日:

 京都セラミック(現京セラ)、第二電電(現KDDI)を立ち上げ、日本航空の再建を成し遂げた稲盛和夫氏。「生き方」(サンマーク出版)や「稲盛和夫の実学」(日経BPM)などベストセラーは多い。

 京セラ会長を務めていた90年代、稲盛氏は緑色の大きな指輪をしていた。60歳を越えた経営者にしては派手――そんな印象を持つ取引先も少なくなかった。

 この指輪は、実は京セラが70年代から手掛けている「再結晶宝石」。「稲盛和夫のガキの自叙伝」(日経BPM)に、「宝石もセラミックスも同じ鉱物結晶の領域であり、私の専門分野だ」とある。

 最初に取り組んだのは深いグリーンのエメラルド。失敗の連続だったが、5年かけて商品化にこぎつけた。

 試練はここから始まる。同じ京都に本社を構えるワコール創業者の塚本幸一氏は、「稲ちゃん、これは大変なことだ。京セラはさらに発展を遂げること請け合いだ」と感激していたのに、後日、「稲ちゃん、これは絶対に売れないよ」と手のひらを返した。祇園の芸者たちに京セラの宝石を見せたら、「こんな美しいエメラルドが世に出回るのは許せない」「形見でもらったエメラルドの価値が下がるのは許せない」など不評だったというのだ。

 クレサンベールというブランドで販売を始めたが、案の定、販売は不振。宝石業界は総スカンだった。それでも「撤退」の2文字は浮かんでこない。いまクレサンベールはブラックオパール、ルビー、アレキサンドライトなど品ぞろえが豊富で、女性たちの人気も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る

人気キーワード