「疫病と投資」中原圭介著

公開日: 更新日:

 コロナ禍で東京オリンピック・パラリンピックが中止になり、大不況になるのではと心配されているが、実はこれがテレワークという働き方が認知される契機となる。少子高齢化が進み、経済規模を維持するために、従来は現役の労働力扱いされていなかった高齢者や、子育てや介護でフルタイム勤務ができなかった人でも働けるようになった。

 さらに、平均1時間30分にもなる通勤時間も不要になり、その時間を資格取得の勉強などに充てることもできる。アメリカではテレワークの導入が8割を超えるが、日本企業は2割を超える程度だ。「時間」で働くという発想を変え、「成果」で評価するようにすることが必要だ。

 パンデミックの経済への影響を読み解く。

(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る

人気キーワード