「ドロドロ文豪史」山口謠司著

公開日: 更新日:

 石川啄木は借金まみれで26歳で死んだ。啄木は自分が天才だと信じていたし、父が寺の住職で布施として金品をもらうことに慣れていたから、人にものをもらっても当然と思っていたようだ。

 上京して先輩の金田一京助の下宿に転がり込み、ビフテキを食べたりビールを飲んだりしているが、それは全部、金田一が支払った。新聞の校正をしたり歌壇の選者をしたりして一生懸命働いてはいるが、入る金より出ていく金のほうが大きい。本当は何が欲しいのか自問して、それは「安心」だという答えを出したのだが……。(「石川啄木の成心」)

 ほかに、三島由紀夫が貧農出身の祖父の出自を隠していたなど、文豪の苦悶が伝わるエピソード集。

(集英社インターナショナル 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る

人気キーワード