「文豪たちの住宅事情」田村景子編著 田部知季ほか著

公開日: 更新日:

 江戸川乱歩は46回転居したが、「二銭銅貨」を執筆したときは、妻と息子との3人で大阪府北河内郡守口町の父親の家に居候していた。

 乱歩は屋根裏をのぞいた経験を「屋根裏の散歩者」に生かしている。その屋根裏は「細長い下宿屋の建物」に設定されていて、都市と住宅が変貌していく時代を描いた。〈夢幻の世界へ通じる「幻影城」〉

 下級官吏の娘だった樋口一葉は、父の死後、借家を転々とする生活を余儀なくされた。下谷区竜泉寺町は吉原遊郭の近くで、その地で見たことをもとに東京市東部に生きる上層から下層の人たちを描いた作品を残した。〈首都東京の借家から世の中へ戦を仕掛ける〉

 住居から文学作品を考察したユニークな視点の本。

(笠間書院 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る

人気キーワード