パン屋の本屋(日暮里) 中庭でパン屋とつながった“とんがらない”選書の本屋

公開日: 更新日:

 変わった名前だ。でも、日暮里駅から住宅街を歩いた先に忽然と現れたウッディーな建物2つが連なる光景に納得する。「ひぐらしガーデン」という商業施設の中に、カフェ併設の「ひぐらしベーカリー」と中庭でつながって本屋がある。  

 午前中に訪問したが、カフェに外国人が多いなーと思いきや、「日暮里は、成田から京成線で一直線。近くにゲストハウスがあり、ご滞在の方々が朝食に来られるんです。続きで本屋にお立ち寄りも多いです」と店長の近藤裕子さん。元は1917年創業のフェルト工場だった場所。閉鎖する際に、オーナーが「長くやってきたこの地域に密着することをやりたい。パン屋と本屋だ」と思いつき、2016年にオープンしたそうだ。

 12坪に約4500冊。向かって右が絵本で、左が書籍と雑誌。目下、「クリスマスフェアー」開催中で、店内全域が華やいでいる。どれどれ、どんなクリスマス本が?

「飛び出したり、音が出たりする“しかけ絵本”が人気ですね」(近藤さん)

まどから おくりもの」(五味太郎著)のページをめくると、サンタを待つ子どもたちの家の窓部分が、穴あきの仕掛けになっている。

いっぱい クリスマス」(かしわらあきお著)は、ボタンを押すとクリスマスのメロディーが流れ、トナカイの鼻が光るじゃない。すごいすごい。

 さらに、「近年、このシーズンにブームなのがアドベントカレンダーです」って。「メリークリスマス! せかいのめいさくえほん」は、ピノキオ、アラジンなど小さな絵本がカレンダーの窓の中に1冊ずつ入っている。これをプレゼントしたい子たちの顔が浮かんだが、同行のNカメラマンも同様のようで、「おばけのパンやさん」(いちよんご著)を手に取り、にこにこ。「3歳と0歳のうちの子が大好きなシリーズなんですよ」と、いそいそレジへ。あ、買っちゃった。

「“とんがらない”をコンセプトに、お客さんの好みを推し量って選書しています」とのことで、「好奇心」「よのなか」などと仕切られた本の棚も、なかなか個性的。「僕1人で子どもたちの面倒を見なくちゃならない休日、これからここへ来よう」と、Nカメラマンがつぶやいた。

◆荒川区西日暮里2-6-7/JR山手線・京成本線日暮里駅北改札から徒歩7分/℡03・6806・6444/10~17時、月曜休み(月曜が祝日なら翌火曜休み)

ウチらしい本

こんがり、パンおいしい文藝」津村記久子、穂村弘ほか著(河出書房新社 880円)

「帯に『パン好きによるパン好きのための芳香ただようエッセイ40篇』とあり、まさに。収録されているのは、角田光代、池澤夏樹、林望ら第一線の作家と、草野心平、山口瞳、開高健らすでに亡くなっている作家の作品がほぼ半々のアンソロジーです。クロワッサン、フレンチトースト、サンドイッチ……。いろいろなパンが出てきて、どこから読んでもおいしく(笑)、人との会話の糸口に応用できる話もいっぱいです」

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ