「和菓子」中村肇著

公開日: 更新日:

「和菓子」中村肇著

 京都では、宮中や公家、寺社、茶家などに納める「上菓子」として、特別な祝いや祭りのための意匠が施された和菓子が独自の発達を遂げた。

 観賞する楽しみと味わう楽しみを兼ね備えた、「京菓子」と呼ばれるこうした和菓子は、菓子職人が素材を駆使して季節感を表現。色彩から造形、そして命名まで、どこを取っても美への思いが凝縮されている。

 本書は、京都生まれの著者が、「京都人から見た京都」をテーマにつづるブログで取り上げた老舗の和菓子に、関連する京都の点景を添えて集成したビジュアルブック。

 季節感を大切にする京菓子は、それぞれが一年のうちのわずかな期間しか店頭に並ぶことがなく、出合いはまさに一期一会。

 お正月といえば味噌あんとゴボウを餅皮で包んだ「花びら餅」。茶道の稽古始めの「初釜」に欠かせないこの生菓子は、もともとは宮中で行われていた長寿を願う新年の行事「歯固めの儀式」で食されていた料理を簡略化したもので、500年以上も前からあるという。

「袖止め」は、薄く橙色に染めた「こなし」(白こしあんと薄力粉を混ぜ蒸し、砂糖水を加え練り上げたもの)を板状にして赤こしあんを巻いたもの。袖止めは、江戸時代に元服した人が振り袖を縮め普通の長さにしたことをいい、女性の成人にも用いる言葉だそうだ。

 ほかにも、紅梅や福寿草など春の到来を告げる花を模したものや、節分の題材にしたものなど春の和菓子にはじまり、「冬木立」「寒椿」など冬の和菓子まで、季節の移り変わりと、季節の行事を表現した和菓子の数々を網羅。

 見ているだけでその技とセンス、そしてデザイン力に感服してしまう。まさに京菓子による歳時記のような一冊。解説の英訳も併記されているので訪日客への土産にも最適。

(河出書房新社 2420円)

【連載】GRAPHIC

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮