草凪優ほか著「翳り」から藍川京著「鬼縛り」

公開日: 更新日:

「あはあ……」

 押し殺した喘ぎだった。

 メスの匂いと蜜の味と喘ぎが鬼藤の五感を刺激し、肉茎に同時に伝わり、股間のものをひくつかせた。

 ぴちょぴちょと猥褻な舐め音をさせながら、尽きることないうるみを味わった。

 花びらをちゅるりと舌先で吸い上げたり、花びらの脇の肉溝を滑ったり、会陰をつついたり、次々と優しい刺激を与え続けた。とめどなく溢れる蜜に催促されるように、鬼藤は舌や唇を動かし続けた。

 つるつるとしたパールピンクの粘膜、少しずつ濃くなってくる魅惑的な淫臭、若い女のように溢れ続ける蜜液、快感にじっとしていることができずにわずかにくねる腰……。

 飢えた獣が獲物にありついたように、鬼藤は夢中になって口戯を続け、妙味と香気と感触を楽しんだ。ひそやかな喘ぎには聴覚で昂ぶり、珠希のすべてに煽られていた。

「んんんっ……はああっ……あああっ……」

 今までとちがう喘ぎが洩れ始め、いっそう甘やかで艶めかしい空気が広がった。

(双葉文庫 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る