草凪優ほか著「翳り」から藍川京著「鬼縛り」

公開日:

「あはあ……」

 押し殺した喘ぎだった。

 メスの匂いと蜜の味と喘ぎが鬼藤の五感を刺激し、肉茎に同時に伝わり、股間のものをひくつかせた。

 ぴちょぴちょと猥褻な舐め音をさせながら、尽きることないうるみを味わった。

 花びらをちゅるりと舌先で吸い上げたり、花びらの脇の肉溝を滑ったり、会陰をつついたり、次々と優しい刺激を与え続けた。とめどなく溢れる蜜に催促されるように、鬼藤は舌や唇を動かし続けた。

 つるつるとしたパールピンクの粘膜、少しずつ濃くなってくる魅惑的な淫臭、若い女のように溢れ続ける蜜液、快感にじっとしていることができずにわずかにくねる腰……。

 飢えた獣が獲物にありついたように、鬼藤は夢中になって口戯を続け、妙味と香気と感触を楽しんだ。ひそやかな喘ぎには聴覚で昂ぶり、珠希のすべてに煽られていた。

「んんんっ……はああっ……あああっ……」

 今までとちがう喘ぎが洩れ始め、いっそう甘やかで艶めかしい空気が広がった。

(双葉文庫 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る