草凪優ほか著「翳り」から藍川京著「鬼縛り」

公開日:

「あはあ……」

 押し殺した喘ぎだった。

 メスの匂いと蜜の味と喘ぎが鬼藤の五感を刺激し、肉茎に同時に伝わり、股間のものをひくつかせた。

 ぴちょぴちょと猥褻な舐め音をさせながら、尽きることないうるみを味わった。

 花びらをちゅるりと舌先で吸い上げたり、花びらの脇の肉溝を滑ったり、会陰をつついたり、次々と優しい刺激を与え続けた。とめどなく溢れる蜜に催促されるように、鬼藤は舌や唇を動かし続けた。

 つるつるとしたパールピンクの粘膜、少しずつ濃くなってくる魅惑的な淫臭、若い女のように溢れ続ける蜜液、快感にじっとしていることができずにわずかにくねる腰……。

 飢えた獣が獲物にありついたように、鬼藤は夢中になって口戯を続け、妙味と香気と感触を楽しんだ。ひそやかな喘ぎには聴覚で昂ぶり、珠希のすべてに煽られていた。

「んんんっ……はああっ……あああっ……」

 今までとちがう喘ぎが洩れ始め、いっそう甘やかで艶めかしい空気が広がった。

(双葉文庫 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る