• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

草凪優ほか著「翳り」から藍川京著「鬼縛り」

「あはあ……」

 押し殺した喘ぎだった。

 メスの匂いと蜜の味と喘ぎが鬼藤の五感を刺激し、肉茎に同時に伝わり、股間のものをひくつかせた。

 ぴちょぴちょと猥褻な舐め音をさせながら、尽きることないうるみを味わった。

 花びらをちゅるりと舌先で吸い上げたり、花びらの脇の肉溝を滑ったり、会陰をつついたり、次々と優しい刺激を与え続けた。とめどなく溢れる蜜に催促されるように、鬼藤は舌や唇を動かし続けた。

 つるつるとしたパールピンクの粘膜、少しずつ濃くなってくる魅惑的な淫臭、若い女のように溢れ続ける蜜液、快感にじっとしていることができずにわずかにくねる腰……。

 飢えた獣が獲物にありついたように、鬼藤は夢中になって口戯を続け、妙味と香気と感触を楽しんだ。ひそやかな喘ぎには聴覚で昂ぶり、珠希のすべてに煽られていた。

「んんんっ……はああっ……あああっ……」

 今までとちがう喘ぎが洩れ始め、いっそう甘やかで艶めかしい空気が広がった。

(双葉文庫 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る