三船、裕次郎が巻き込まれた「黒部の太陽」収録事故

公開日: 更新日:

<1967年9月>

 68年公開の黒四ダム建設を題材にした石原プロと三船プロ製作の大作映画「黒部の太陽」は当時、映画界にあった「五社協定」の壁に阻まれ、製作は難航を極めた。しかも撮影中にはセットが壊れて、主演の石原裕次郎が全身に大ケガを負うアクシデントが起きる。

 67年9月30日、愛知の建設会社の工場には「黒部の太陽」のトンネル工事のシーン撮影のために幅7メートル、高さ5メートル、長さ240メートルにも及ぶ巨大なセットが組まれていた。この日はトンネルが破砕帯にぶつかり、岩石の間から大量の湧き水が噴出し、作業員を襲うシーンの撮影が行われようとしていた。

 午後7時50分ごろ、熊井啓監督のスタートの合図がかかる。直径8メートル、高さ13メートルのタンクに用意された420トンの水がセットに流される。その直後に、ドンという轟音が響いた。大量の水の圧力でコンクリートのトンネルの壁が崩れてしまったのだ。水は一気に流れ、セット内に組まれていた60本の丸太も一緒に流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る