三船、裕次郎が巻き込まれた「黒部の太陽」収録事故

公開日: 更新日:

<1967年9月>

 68年公開の黒四ダム建設を題材にした石原プロと三船プロ製作の大作映画「黒部の太陽」は当時、映画界にあった「五社協定」の壁に阻まれ、製作は難航を極めた。しかも撮影中にはセットが壊れて、主演の石原裕次郎が全身に大ケガを負うアクシデントが起きる。

 67年9月30日、愛知の建設会社の工場には「黒部の太陽」のトンネル工事のシーン撮影のために幅7メートル、高さ5メートル、長さ240メートルにも及ぶ巨大なセットが組まれていた。この日はトンネルが破砕帯にぶつかり、岩石の間から大量の湧き水が噴出し、作業員を襲うシーンの撮影が行われようとしていた。

 午後7時50分ごろ、熊井啓監督のスタートの合図がかかる。直径8メートル、高さ13メートルのタンクに用意された420トンの水がセットに流される。その直後に、ドンという轟音が響いた。大量の水の圧力でコンクリートのトンネルの壁が崩れてしまったのだ。水は一気に流れ、セット内に組まれていた60本の丸太も一緒に流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る