• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三船、裕次郎が巻き込まれた「黒部の太陽」収録事故

<1967年9月>

 68年公開の黒四ダム建設を題材にした石原プロと三船プロ製作の大作映画「黒部の太陽」は当時、映画界にあった「五社協定」の壁に阻まれ、製作は難航を極めた。しかも撮影中にはセットが壊れて、主演の石原裕次郎が全身に大ケガを負うアクシデントが起きる。

 67年9月30日、愛知の建設会社の工場には「黒部の太陽」のトンネル工事のシーン撮影のために幅7メートル、高さ5メートル、長さ240メートルにも及ぶ巨大なセットが組まれていた。この日はトンネルが破砕帯にぶつかり、岩石の間から大量の湧き水が噴出し、作業員を襲うシーンの撮影が行われようとしていた。

 午後7時50分ごろ、熊井啓監督のスタートの合図がかかる。直径8メートル、高さ13メートルのタンクに用意された420トンの水がセットに流される。その直後に、ドンという轟音が響いた。大量の水の圧力でコンクリートのトンネルの壁が崩れてしまったのだ。水は一気に流れ、セット内に組まれていた60本の丸太も一緒に流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る