「美女採集」清川あさみが大人気 “手に職”美人ブーム到来か

公開日:  更新日:

 22日、デザイナーの清川あさみ(34)が「東レ新ブランドUltrasuede日本デビューイベント」に出席した。真っ白な着物姿で登場した清川はモノトーンで統一した茶室をプロデュース。

「今まで茶室は敷居が高くて手がつけられなかったけど、(豊臣)秀吉も黄金の茶室をつくったし、と思って。クールジャパンをイメージして未来に伝えたい茶室にしました」と話し、壁が模様に沿って光る仕掛けも披露した。

 彼女を一躍有名にしたのは、雑誌「FRaU」(講談社)で連載している「美女採集neo」。女優やアーティストなどが写った写真に直接ビーズやスパンコールなどを刺繍(ししゆう)するという独特な手法で話題となった。昨年、開催された「清川あさみ―美女採集」は表参道ヒルズの最多動員数を記録。谷川俊太郎と絵本を共作したり、CM、テレビ、映画のポスターデザイン、ミュージシャンのジャケットデザインを手がけたりと超売れっ子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る