「キャプテン・フィリップス」主演 トム・ハンクス「今ある危機を同世代の男性に感じてもらいたい」

公開日: 更新日:

 中間管理職のかがみかもしれない。米俳優トム・ハンクス(57)が本作で演じるフィリップス船長は、2009年にソマリア海域で起きたコンテナ船海賊乗っ取り事件の被害者。乗組員20人の身代わりに、ただひとり人質となり、徒手空拳で立ち向かう。

――実際に船長に会って、取材した上で役をつくり込んだそうですね。

「ええ、一緒にTVでバスケの試合をビールを飲んで見ながら、ね。実体験をとてもフランクに話してくれて参考になったんですけど、最も印象的だったのは、船長がどこにもいるごく普通の中年だったこと。とても気さくで、驚きました。事件のことはニュースで知っていたのですけど、ヒーローはこんな人だったのかと。遠くに感じていた事件がとても身近に感じられ、自分だったらどうすると、追体験した気分になりました。同じような立場の中年男性には、とてもリアルに感じていただけると思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る