「キャプテン・フィリップス」主演 トム・ハンクス「今ある危機を同世代の男性に感じてもらいたい」

公開日: 更新日:

――海で海賊に襲われるような危険は、今の世の中どこにいたってあり得ると。

「映画には痩せ細ったソマリアの若者4人が登場しますが、犯人だからといってイコール悪人というほど単純じゃない。犯罪の裏には、腐敗した貧しい国と絶望的な状況がある。世界は貧富の差が広がり、とてつもなく不公平だということが背景にあります。今の世の中で一番やっちゃいけないのは、生きる希望のない若者に機関銃を与えてしまうこと。残念ながらそれは現実に起こり得てしまう。今そこここにあるような犯罪として描いたことに本作の意義があると思う。シミュレーションとしても、捉えていただけると思いますね」

――恐怖のあまり「助けてくれ」と叫んだり、「家に帰りたい」と泣く姿がとてもリアルですが、特にこだわったのは?

「例えば医務室で感情をあらわにする場面は即興だったんですよ。自由に演技させてもらったから、リアリティーが出せたのかもしれません。国際的なクルーから仕事の細かい部分を教えていただいたし、船の動かし方も学び、何より船長の職業観を知ったことが大きいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る