西島秀俊「ダブルフェイス」が受賞 WOWOWドラマなぜ面白い?

公開日: 更新日:

 今週22日、「東京ドラマアウォード2013」の単発ドラマ部門でグランプリを受賞した「ダブルフェイス」はTBSとWOWOWが共同制作した異色の作品だ。ストーリーはひとつだが、TBSはヤクザの幹部になり潜入捜査する刑事役の西島秀俊、WOWOWは闇組織のボスに育てられて、警察内部に潜む刑事役の香川照之の視点から描き、それぞれの局で放送した。ともに赤坂に本社を構えるご近所さんがタッグを組んだハードボイルドである。

 同作品でWOWOWのドラマを初めて視聴した人も少なくなかっただろうが、専門家の間では早くから良質なドラマを企画・制作する局として一目置かれている。08年から「連続ドラマW」の枠で制作を始めた。第1作の「パンドラ」はATP賞ドラマ部門で優秀賞を獲得。いまやこの枠の作品は名だたるテレビ賞の常連となっている。

 同社にとっても「ドラマWは契約加入動機の上位にランクインする」(宣伝担当者)というから大したもの。おカネを払ってでも見たいと思わせるドラマばかりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る