西島秀俊「ダブルフェイス」が受賞 WOWOWドラマなぜ面白い?

公開日:  更新日:

 今週22日、「東京ドラマアウォード2013」の単発ドラマ部門でグランプリを受賞した「ダブルフェイス」はTBSとWOWOWが共同制作した異色の作品だ。ストーリーはひとつだが、TBSはヤクザの幹部になり潜入捜査する刑事役の西島秀俊、WOWOWは闇組織のボスに育てられて、警察内部に潜む刑事役の香川照之の視点から描き、それぞれの局で放送した。ともに赤坂に本社を構えるご近所さんがタッグを組んだハードボイルドである。

 同作品でWOWOWのドラマを初めて視聴した人も少なくなかっただろうが、専門家の間では早くから良質なドラマを企画・制作する局として一目置かれている。08年から「連続ドラマW」の枠で制作を始めた。第1作の「パンドラ」はATP賞ドラマ部門で優秀賞を獲得。いまやこの枠の作品は名だたるテレビ賞の常連となっている。

 同社にとっても「ドラマWは契約加入動機の上位にランクインする」(宣伝担当者)というから大したもの。おカネを払ってでも見たいと思わせるドラマばかりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る