日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来年3月で降板説も…キャスター山岸舞彩に“同情”の声

「来年3月いっぱいでクビか」なんて不穏なウワサが流れている。日本テレビ「NEWS ZERO」キャスターの山岸舞彩(26)。

 山岸は今年4月、鳴り物入りでNHKから日テレに“移籍”した。
「ところが、美脚封印が災いしたのか、移籍後も視聴率が伸びなかった。それどころか、1ケタ台に低迷しています。期待が大きかったぶん、幹部連中をガッカリさせた。加えてメーンキャスターの村尾(信尚)さんとも折り合いが悪い。山岸にはもう居場所がないんです」(日テレ関係者)

 山岸は「四面楚歌」と報じた週刊誌もある。反省会で村尾キャスターから怒鳴られたとも報じられたが、局内にはこんなつぶやきもある。

「『山岸が悪い』みたいな書かれ方をしていますが、そもそも数字が取れないのはメーンの村尾さんの責任でしょ? 村尾さんは財務官僚上がりで頭が切れるし、失言がないから安心して使えますが、裏を返せばソツがないだけ。無個性で毒にも薬にもならない。地味すぎるから、曜日キャスターに嵐の桜井翔や女優の桐谷美玲を使っているわけです。山岸だってそのひとりで、派手な仕掛けに頼らざるを得ない村尾さんの方が問題アリなんじゃないの? そういう声もありますね」(別の関係者)

 山岸に責任を押しつけるのは簡単だが、ZEROも番組が始まって、もう7年。そろそろメーンの賞味期限が切れたとしても、不思議はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事