日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昭恵夫人 ストーカー被害のミス世界一に“全面協力”の波紋

 ストーカー被害を訴えている「ミス・インターナショナル」の一件が、暮れの政界で話題になっている。

 きっかけは、世界3大ミスコンのひとつ「ミス・インターナショナル」で2012年に日本人で初めてグランプリに選ばれた吉松育美(26)の25日付ブログ。安倍首相の妻、アッキーこと昭恵夫人とのツーショット写真が掲載され、こう書かれているのだ。
〈今日は特別なクリスマスでした。安倍昭恵夫人にお会いし、今までの一連のことを話しました〉〈今回のことを受けて、昭恵夫人もおかしいと思う点は多くあるようで、全面協力すると言って頂けました〉

 アッキーも自身のフェイスブックに写真をアップし、〈昨年のミスインターナショナル、吉松育美さんと。マスコミの皆さん、特定秘密保護法の批判をするのなら、彼女のことをきちんと報道して下さい。全ての女性のために吉松さんと力を合わせていきたいと思います〉とコメントしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事