大沢vs喜多嶋 女性誌の“代理戦争”に世間の関心今ひとつ

公開日: 更新日:

 大沢樹生(44)と喜多嶋舞(41)のDNA鑑定騒動が、女性誌の代理戦争に発展している。
 そもそもの始まりは、昨年末の「週刊女性」のスクープ。大沢が、16歳の長男のDNA鑑定をしたところ、実子ではなかったことが分かったと報じた。

 これに喜多嶋は書面で報道を批判するコメントを出したが、その後、喜多嶋の父親で長男の親権を持つ喜多嶋修氏が「女性自身」で猛反論。すると、「週刊女性」が、知人男性のコメントを紹介する形で、守りたいと言いながら子供を出してきた喜多嶋サイドを批判した。

 これに対して「女性自身」は、喜多嶋舞のインタビューを掲載。「なぜ、事実でないことをあそこまで平然と言えるのか」「断言します。A(長男)の父親は大沢さんです」と訴える姿を報じていた。

 テレビのワイドショーも泥仕合に便乗。双方の言い分を紹介したりしているが、この騒動、それほど読者には受けていないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る