• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釈明も説得力ゼロ 「明日、ママがいない」は継続できるのか

 連続ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)が、熊本の慈恵病院から放送中止を求められた問題で、日テレは20日、病院に放送継続の意向を伝えた。

「連ドラを1話作るのに3000万円ぐらいはかかりますから、そう簡単に中止にはできない。それでなくても日テレは、昨年10月期の連ドラが視聴率1ケタ台ばかりとコケまくって、他局に差をつけられた。是非はともかく、話題になった『明日――』は今後かなりの高視聴率が期待できますからねえ」(在京キー局関係者)

 日テレは「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描く趣旨」と弁明し、「最後までご覧いただきたい」と強気の姿勢を崩していない。
 ドラマを最後まで見れば趣旨が分かるはず、とでも言いたいのだろうが、説得力がまるでない。

 ドラマは児童養護施設が舞台。赤ちゃんポストに預けられた過去を持つ子に「ポスト」のあだ名が付けられるなど、きわどい内容だ。赤ちゃんポストを日本で唯一設置している慈恵病院が「人権侵害ではないか」と問題視するのも、もっともだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る