釈明も説得力ゼロ 「明日、ママがいない」は継続できるのか

公開日: 更新日:

 連続ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)が、熊本の慈恵病院から放送中止を求められた問題で、日テレは20日、病院に放送継続の意向を伝えた。

「連ドラを1話作るのに3000万円ぐらいはかかりますから、そう簡単に中止にはできない。それでなくても日テレは、昨年10月期の連ドラが視聴率1ケタ台ばかりとコケまくって、他局に差をつけられた。是非はともかく、話題になった『明日――』は今後かなりの高視聴率が期待できますからねえ」(在京キー局関係者)

 日テレは「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描く趣旨」と弁明し、「最後までご覧いただきたい」と強気の姿勢を崩していない。
 ドラマを最後まで見れば趣旨が分かるはず、とでも言いたいのだろうが、説得力がまるでない。

 ドラマは児童養護施設が舞台。赤ちゃんポストに預けられた過去を持つ子に「ポスト」のあだ名が付けられるなど、きわどい内容だ。赤ちゃんポストを日本で唯一設置している慈恵病院が「人権侵害ではないか」と問題視するのも、もっともだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る