駐車場代“自腹”…過去最高益の松竹に歌舞伎役者の恨み節

公開日:  更新日:

 経営陣はウハウハだろう。
 松竹が先日発表した2013年3―11月期の連結純利益は前年同期比2.9倍の32億円。3―11月期としては過去最高だった。売上高は15%増の669億円。その牽引(けんいん)役となったのが、昨年4月に新開場した歌舞伎座のこけら落とし公演である。

「映画事業は目立ったヒットがありませんでしたが、演劇事業が絶好調。歌舞伎座は連日、大入り満員です。オフィスタワーの方も順調に稼働しています」(経済誌記者)
 ひとえに、日々の舞台を務める歌舞伎役者たちの「おかげ」と言っていいが、現場からは景気のいい笑い声は聞こえてこない。どういうことか。

 さる松竹関係者はこう話す。
「もちろん、劇場に足を運んでくれるお客さまがいてこその役者稼業ですが、現在の公演スケジュールは過酷すぎる。初日から千秋楽まで25日間ぶっ続けで舞台に出るため、年配役者の体は満身創痍(そうい)。歌舞伎座新開場の直前に勘三郎、団十郎という千両役者が亡くなったため、他の看板役者の負担が大きくなるのは仕方がない面もありますが、高齢化も進んでいるし、このままでは体を壊す役者が続出する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る