駐車場代“自腹”…過去最高益の松竹に歌舞伎役者の恨み節

公開日:  更新日:

 経営陣はウハウハだろう。
 松竹が先日発表した2013年3―11月期の連結純利益は前年同期比2.9倍の32億円。3―11月期としては過去最高だった。売上高は15%増の669億円。その牽引(けんいん)役となったのが、昨年4月に新開場した歌舞伎座のこけら落とし公演である。

「映画事業は目立ったヒットがありませんでしたが、演劇事業が絶好調。歌舞伎座は連日、大入り満員です。オフィスタワーの方も順調に稼働しています」(経済誌記者)
 ひとえに、日々の舞台を務める歌舞伎役者たちの「おかげ」と言っていいが、現場からは景気のいい笑い声は聞こえてこない。どういうことか。

 さる松竹関係者はこう話す。
「もちろん、劇場に足を運んでくれるお客さまがいてこその役者稼業ですが、現在の公演スケジュールは過酷すぎる。初日から千秋楽まで25日間ぶっ続けで舞台に出るため、年配役者の体は満身創痍(そうい)。歌舞伎座新開場の直前に勘三郎、団十郎という千両役者が亡くなったため、他の看板役者の負担が大きくなるのは仕方がない面もありますが、高齢化も進んでいるし、このままでは体を壊す役者が続出する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る