駐車場代“自腹”…過去最高益の松竹に歌舞伎役者の恨み節

公開日: 更新日:

 経営陣はウハウハだろう。
 松竹が先日発表した2013年3―11月期の連結純利益は前年同期比2.9倍の32億円。3―11月期としては過去最高だった。売上高は15%増の669億円。その牽引(けんいん)役となったのが、昨年4月に新開場した歌舞伎座のこけら落とし公演である。

映画事業は目立ったヒットがありませんでしたが、演劇事業が絶好調。歌舞伎座は連日、大入り満員です。オフィスタワーの方も順調に稼働しています」(経済誌記者)
 ひとえに、日々の舞台を務める歌舞伎役者たちの「おかげ」と言っていいが、現場からは景気のいい笑い声は聞こえてこない。どういうことか。

 さる松竹関係者はこう話す。
「もちろん、劇場に足を運んでくれるお客さまがいてこその役者稼業ですが、現在の公演スケジュールは過酷すぎる。初日から千秋楽まで25日間ぶっ続けで舞台に出るため、年配役者の体は満身創痍(そうい)。歌舞伎座新開場の直前に勘三郎、団十郎という千両役者が亡くなったため、他の看板役者の負担が大きくなるのは仕方がない面もありますが、高齢化も進んでいるし、このままでは体を壊す役者が続出する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る