末期の肝硬変を告白…林葉直子の孤独と偏食、壮絶人生

公開日: 更新日:

〈これまで公表していませんでしたが、私の病名は肝硬変です〉〈アバラ骨が浮くほどやせ細ってるし、お腹はポコンと出て妊婦のようですから〉――。

 元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が、発売中の「婦人公論」で衝撃の告白をして話題になっている。林葉といえば、中原誠十六世名人(66)との不倫騒動や失踪、ヘアヌード写真集発売と世間を騒がせてきた。しばらく表舞台に姿を見せることはなかったが、元アイドル棋士の変わりようには驚くしかない。

 21日には、情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)の独占インタビューに登場。やせ細り、力なく話す姿にかつての面影はなく、「肝硬変でも肝不全に近い」「ここまでなったらもうダメ。いつ死んでもしょうがないなって感じ」などと語っていた。

 現在、地元福岡県で一人暮らしをする林葉は、入退院をくり返し、一時は体重が38キロまで落ちたという。決定的に体調を崩したのは06年ごろ。父親が残した借金が原因で自己破産、1億2000万円の自宅を差し押さえられた。偏った食生活により、一気に肝臓にガタがきたと振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る