日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

末期の肝硬変を告白…林葉直子の孤独と偏食、壮絶人生

〈これまで公表していませんでしたが、私の病名は肝硬変です〉〈アバラ骨が浮くほどやせ細ってるし、お腹はポコンと出て妊婦のようですから〉――。

 元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が、発売中の「婦人公論」で衝撃の告白をして話題になっている。林葉といえば、中原誠十六世名人(66)との不倫騒動や失踪、ヘアヌード写真集発売と世間を騒がせてきた。しばらく表舞台に姿を見せることはなかったが、元アイドル棋士の変わりようには驚くしかない。

 21日には、情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)の独占インタビューに登場。やせ細り、力なく話す姿にかつての面影はなく、「肝硬変でも肝不全に近い」「ここまでなったらもうダメ。いつ死んでもしょうがないなって感じ」などと語っていた。

 現在、地元福岡県で一人暮らしをする林葉は、入退院をくり返し、一時は体重が38キロまで落ちたという。決定的に体調を崩したのは06年ごろ。父親が残した借金が原因で自己破産、1億2000万円の自宅を差し押さえられた。偏った食生活により、一気に肝臓にガタがきたと振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事