末期の肝硬変を告白…林葉直子の孤独と偏食、壮絶人生

公開日: 更新日:

 また、新著「遺言―最後の食卓」(中央公論新社)の中では、〈病気で食後の薬が8種類くらいあり、固いものを食べると歯茎から出血。腰が痛くて正座もできないし、塩分制限があるので食べられるものも限られる〉といった闘病生活を紹介。

 不倫が原因で大量飲酒に走ったとし、〈赤いバラをもらったこともある。「ありがとう」と言われたこともある。でも、それは子どもを堕(お)ろした日〉〈その後も、避妊する様子がなく、私もそれは言い出せなかった。だって、向こうは大先生なのだ〉と赤裸々に明かした。

 10代から林葉を知る将棋関係者はこう言う。
「不倫騒動後に破滅型になった印象。将棋界では元祖アイドルとして可愛がられてきた。不倫騒動で“追放”されたときも、かばう声や復帰を後押しする声もあったくらい。ただ、10年以上経った今は、ほとんどの人が交流を絶っていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る