• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

壇蜜とコンビで5年ぶりレギュラー復帰 久米宏の「男気」

 5年ぶりのレギュラー復帰の裏に何があったのか。久米宏(69)が4月からBSの新番組「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」をスタートさせる。
 話題の本の著者をゲストに招くトーク番組で、壇蜜(33)が“アシスタント”。地上波ではないにせよ、久米がレギュラー復帰とあって話題になっている。

 久米のギャラは地上波ゴールデンなら1本200万円といわれるが、BSでは半分以下。それでも復帰を決めた理由は、所属事務所の苦境を救うためというから、男気を感じる。

■所属事務所が経営不振抜け出せず

 発売中の女性自身によると、久米所属の「オフィス・トゥー・ワン」は近年、何度も経営不振がうわさされているうえ、4月からはさらなるピンチを迎えるという。制作を担当していた「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)が夜11時台に移動になって制作費が大幅に削られるため、番組制作から撤退。さらに同事務所に所属していた小谷真生子(49)がテレ東の「ワールドビジネスサテライト」を降板、事務所を抜ける。

 表舞台を退いて久しい久米だが、東京五輪が決定した際、ラジオで「五輪招致よりも他にやることがある」と、福島の原発問題の現状を踏まえて五輪反対を叫ぶなど、いまだに意気軒高。久米節の復活で、お家の苦境を救ってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る