壇蜜とコンビで5年ぶりレギュラー復帰 久米宏の「男気」

公開日:  更新日:

 5年ぶりのレギュラー復帰の裏に何があったのか。久米宏(69)が4月からBSの新番組「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」をスタートさせる。
 話題の本の著者をゲストに招くトーク番組で、壇蜜(33)が“アシスタント”。地上波ではないにせよ、久米がレギュラー復帰とあって話題になっている。

 久米のギャラは地上波ゴールデンなら1本200万円といわれるが、BSでは半分以下。それでも復帰を決めた理由は、所属事務所の苦境を救うためというから、男気を感じる。

■所属事務所が経営不振抜け出せず

 発売中の女性自身によると、久米所属の「オフィス・トゥー・ワン」は近年、何度も経営不振がうわさされているうえ、4月からはさらなるピンチを迎えるという。制作を担当していた「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)が夜11時台に移動になって制作費が大幅に削られるため、番組制作から撤退。さらに同事務所に所属していた小谷真生子(49)がテレ東の「ワールドビジネスサテライト」を降板、事務所を抜ける。

 表舞台を退いて久しい久米だが、東京五輪が決定した際、ラジオで「五輪招致よりも他にやることがある」と、福島の原発問題の現状を踏まえて五輪反対を叫ぶなど、いまだに意気軒高。久米節の復活で、お家の苦境を救ってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る