• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

壇蜜とコンビで5年ぶりレギュラー復帰 久米宏の「男気」

 5年ぶりのレギュラー復帰の裏に何があったのか。久米宏(69)が4月からBSの新番組「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」をスタートさせる。
 話題の本の著者をゲストに招くトーク番組で、壇蜜(33)が“アシスタント”。地上波ではないにせよ、久米がレギュラー復帰とあって話題になっている。

 久米のギャラは地上波ゴールデンなら1本200万円といわれるが、BSでは半分以下。それでも復帰を決めた理由は、所属事務所の苦境を救うためというから、男気を感じる。

■所属事務所が経営不振抜け出せず

 発売中の女性自身によると、久米所属の「オフィス・トゥー・ワン」は近年、何度も経営不振がうわさされているうえ、4月からはさらなるピンチを迎えるという。制作を担当していた「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)が夜11時台に移動になって制作費が大幅に削られるため、番組制作から撤退。さらに同事務所に所属していた小谷真生子(49)がテレ東の「ワールドビジネスサテライト」を降板、事務所を抜ける。

 表舞台を退いて久しい久米だが、東京五輪が決定した際、ラジオで「五輪招致よりも他にやることがある」と、福島の原発問題の現状を踏まえて五輪反対を叫ぶなど、いまだに意気軒高。久米節の復活で、お家の苦境を救ってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る