• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国最大手芸能プロに巨額脱税疑惑 トラブルも頻繁だった

 韓国最大手のアイドル製造工場、日本でいえばジャニーズ事務所にも当たる「SMエンターテインメント」が、総額数百億ウォン(数十億円)に上る脱税疑惑でソウル地方国税庁による調査を受けている。タックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーをつくって架空経費を計上したなどの疑いだ。

 SM社には、少女時代や東方神起、BoAなど日本でも有名なアーティストがズラリ。最近の嫌韓の風潮で、少女時代のメンバーたちが見られなくなっているのは残念だが、紛れもなく日本での韓流ポップスのブームを牽引してきた超大手芸能プロだ。

 だが、華やかな話題の陰で、所属タレントとの金銭トラブルも頻繁にあった。

「09年には、当時5人組の東方神起の元メンバー3人から収益配分などを巡って訴訟を起こされています。元メンバー側は公判で1年間のギャラが2000万ウォン(約190万円)だったと主張しています」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る