日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国最大手芸能プロに巨額脱税疑惑 トラブルも頻繁だった

 韓国最大手のアイドル製造工場、日本でいえばジャニーズ事務所にも当たる「SMエンターテインメント」が、総額数百億ウォン(数十億円)に上る脱税疑惑でソウル地方国税庁による調査を受けている。タックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーをつくって架空経費を計上したなどの疑いだ。

 SM社には、少女時代や東方神起、BoAなど日本でも有名なアーティストがズラリ。最近の嫌韓の風潮で、少女時代のメンバーたちが見られなくなっているのは残念だが、紛れもなく日本での韓流ポップスのブームを牽引してきた超大手芸能プロだ。

 だが、華やかな話題の陰で、所属タレントとの金銭トラブルも頻繁にあった。

「09年には、当時5人組の東方神起の元メンバー3人から収益配分などを巡って訴訟を起こされています。元メンバー側は公判で1年間のギャラが2000万ウォン(約190万円)だったと主張しています」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事