韓国最大手芸能プロに巨額脱税疑惑 トラブルも頻繁だった

公開日:  更新日:

 韓国最大手のアイドル製造工場、日本でいえばジャニーズ事務所にも当たる「SMエンターテインメント」が、総額数百億ウォン(数十億円)に上る脱税疑惑でソウル地方国税庁による調査を受けている。タックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーをつくって架空経費を計上したなどの疑いだ。

 SM社には、少女時代や東方神起、BoAなど日本でも有名なアーティストがズラリ。最近の嫌韓の風潮で、少女時代のメンバーたちが見られなくなっているのは残念だが、紛れもなく日本での韓流ポップスのブームを牽引してきた超大手芸能プロだ。

 だが、華やかな話題の陰で、所属タレントとの金銭トラブルも頻繁にあった。

「09年には、当時5人組の東方神起の元メンバー3人から収益配分などを巡って訴訟を起こされています。元メンバー側は公判で1年間のギャラが2000万ウォン(約190万円)だったと主張しています」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る