• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国最大手芸能プロに巨額脱税疑惑 トラブルも頻繁だった

 韓国最大手のアイドル製造工場、日本でいえばジャニーズ事務所にも当たる「SMエンターテインメント」が、総額数百億ウォン(数十億円)に上る脱税疑惑でソウル地方国税庁による調査を受けている。タックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーをつくって架空経費を計上したなどの疑いだ。

 SM社には、少女時代や東方神起、BoAなど日本でも有名なアーティストがズラリ。最近の嫌韓の風潮で、少女時代のメンバーたちが見られなくなっているのは残念だが、紛れもなく日本での韓流ポップスのブームを牽引してきた超大手芸能プロだ。

 だが、華やかな話題の陰で、所属タレントとの金銭トラブルも頻繁にあった。

「09年には、当時5人組の東方神起の元メンバー3人から収益配分などを巡って訴訟を起こされています。元メンバー側は公判で1年間のギャラが2000万ウォン(約190万円)だったと主張しています」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る