韓国メディアを避けた? ソトニコワが世界選手権「パス」へ

公開日:  更新日:

 ソチ五輪女子フィギュアスケート金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(17=ロシア)は、26日から始まる世界選手権(さいたま市)の「補欠リスト」に入っているが、31日に国内(サンクトペテルブルク)で開催されるアイスショーに出演することが決まった。

 世界選手権に出場することになれば、30日には入賞者が出演するエキシビションが行われる。

 日程上、ロシアに戻ってアイスショーに出るのは厳しい。世界選手権は「パス」することになる。

 大韓体育会は、今もソトニコワとキム・ヨナのソチ五輪の採点に疑問を持っている。韓国はロシアの何かしらの力が働いたとみて、今後も専門家の分析を続けていくという。

 ソトニコワも韓国が五輪の採点に納得していないことはわかっている。世界選手権に出れば、韓国メディアから質問攻めにあうのは必至だ。ソトニコワにとっては「賢明」な決断だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る