「半分、韓国人」で波紋 ジャッキー・チェンの複雑な愛国心

公開日:  更新日:

「自分は半分、韓国人だ」「韓国はもうひとつの故郷」――。
 人気シリーズ「ポリス・ストーリー」の最新作が韓国で公開初日を迎えた今月18日。プロモーションのためにソウルを訪れたジャッキー・チェン(59)は、韓国語でファンに感謝し、会場を沸かせたという。

 カンフー映画にコミカルな要素を加え、スターダムを駆け上がった国際派のスターである。この程度のリップサービスはお手の物だろう。しょせん、役者は人気商売。その場の雰囲気を読み、ウケそうなことを言うものだ。

 ただ、このジャッキー発言は「愛国無罪」の中国人を大いに失望させたらしい。「母国を捨てるのか」なんて受け止められ方もされている。

「ジャッキーは昨年、国政に助言する組織“人民政治協商会議”の委員の一人に選ばれています。中国政府はジャッキーの知名度を大いに利用している。一方、ジャッキーも共産党幹部に取り入るような発言をしています。政府高官を罵倒する香港のデモに対して、『香港人は世界一のデモ好き』と批判したこともありました。『米国は世界最大の汚職国家』と言って、中国共産党の汚職に対する批判をかわそうとしたりもしている。それなのに“半分、韓国人”は軽率でしたね」(中国在住ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る