「半分、韓国人」で波紋 ジャッキー・チェンの複雑な愛国心

公開日: 更新日:

「自分は半分、韓国人だ」「韓国はもうひとつの故郷」――。
 人気シリーズ「ポリス・ストーリー」の最新作が韓国で公開初日を迎えた今月18日。プロモーションのためにソウルを訪れたジャッキー・チェン(59)は、韓国語でファンに感謝し、会場を沸かせたという。

 カンフー映画にコミカルな要素を加え、スターダムを駆け上がった国際派のスターである。この程度のリップサービスはお手の物だろう。しょせん、役者は人気商売。その場の雰囲気を読み、ウケそうなことを言うものだ。

 ただ、このジャッキー発言は「愛国無罪」の中国人を大いに失望させたらしい。「母国を捨てるのか」なんて受け止められ方もされている。

「ジャッキーは昨年、国政に助言する組織“人民政治協商会議”の委員の一人に選ばれています。中国政府はジャッキーの知名度を大いに利用している。一方、ジャッキーも共産党幹部に取り入るような発言をしています。政府高官を罵倒する香港のデモに対して、『香港人は世界一のデモ好き』と批判したこともありました。『米国は世界最大の汚職国家』と言って、中国共産党の汚職に対する批判をかわそうとしたりもしている。それなのに“半分、韓国人”は軽率でしたね」(中国在住ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る