マルチの才も芸能界随一 ユースケ・サンタマリアの“処世術”

公開日:  更新日:

 ユースケ・サンタマリア(43)が、4月からNHKの音楽番組「MUSIC JAPAN」の新MCに起用されることが分かった。

 NHKのレギュラーは実に17年ぶり。通称MJは旬のJ―POPを取り上げ、演歌主体の「歌謡コンサート」と並ぶ同局の2大音楽番組。大晦日の紅白歌合戦の常連で、MJの司会を09年から務めるPerfumeの相方となれば申し分ない“返り咲き”だ。24日の発表会では「Perfume愛、NHK愛が通じた」と大喜びだったのもうなずける。

 それにしても、テレビでよく見かける。民放で3本のレギュラーを抱える以外にも、番組終了のカウントダウンが始まった「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のテレフォンショッキングのゲストに呼ばれ、テレビ朝日の開局特別ドラマ「宮本武蔵」では主役を務めたキムタクの幼なじみ役で出演。5月には2本の映画公開が控えている。今から20年前、ロックバンドのボーカル兼司会業をウリにこの世界に足を踏み入れるもパッとしなかったユースケだが、一躍、有名になれたのはシリーズ化したドラマ「踊る大捜査線」。その後はフジテレビの番組に出演する「フジッコ」として、歌、進行、演技をこなすマルチタレントの地位を確立したのだから大したもんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る