マルチの才も芸能界随一 ユースケ・サンタマリアの“処世術”

公開日:  更新日:

 ユースケ・サンタマリア(43)が、4月からNHKの音楽番組「MUSIC JAPAN」の新MCに起用されることが分かった。

 NHKのレギュラーは実に17年ぶり。通称MJは旬のJ―POPを取り上げ、演歌主体の「歌謡コンサート」と並ぶ同局の2大音楽番組。大晦日の紅白歌合戦の常連で、MJの司会を09年から務めるPerfumeの相方となれば申し分ない“返り咲き”だ。24日の発表会では「Perfume愛、NHK愛が通じた」と大喜びだったのもうなずける。

 それにしても、テレビでよく見かける。民放で3本のレギュラーを抱える以外にも、番組終了のカウントダウンが始まった「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のテレフォンショッキングのゲストに呼ばれ、テレビ朝日の開局特別ドラマ「宮本武蔵」では主役を務めたキムタクの幼なじみ役で出演。5月には2本の映画公開が控えている。今から20年前、ロックバンドのボーカル兼司会業をウリにこの世界に足を踏み入れるもパッとしなかったユースケだが、一躍、有名になれたのはシリーズ化したドラマ「踊る大捜査線」。その後はフジテレビの番組に出演する「フジッコ」として、歌、進行、演技をこなすマルチタレントの地位を確立したのだから大したもんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る