日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「振り子」主演 小西真奈美

 世知辛い世の中で夢が破れ、時に自暴自棄になりながらも、ネクタイを締めて働く。そんな男に寄り添い、献身的に支える良妻を演じた小西真奈美(35)が、先の沖縄国際映画祭で主演女優賞を受賞。上映会では満場の拍手に包まれ、涙を光らせた。

――原作はお笑い芸人、鉄拳が描いたパラパラ漫画です。妻サキの役は脚本を読んだ段階から引き込まれたそうですが、どこに引かれたのですか。

「とにかく一生懸命で、良い時もそうでない時も、大介さん(中村獅童)が帰ってきた時だけは精いっぱいの笑顔で迎えるところですね。とても普通なんですけど、妻として、母として、とても力強く、『幸せにして欲しいなんて思ってない。大さんの夢に私が乗せてもらっているんだから』と言ったりする。昭和から平成にかけて、日本にたくさんいるであろう、理想の女性像だと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事