「200回作製」で完全墓穴 小保方さん学者人生“絶体絶命”

公開日: 更新日:

「200回以上、作っている」――。
 9日、70日ぶりに姿を現した小保方晴子さん(30)。涙を流しながら「STAP細胞はあります」と訴えたが、結局、STAP細胞をめぐる疑惑は最後まで晴れなかった。もはや、小保方さんの研究者人生は終わりだろう。このまま理化学研究所との「10年裁判」に突入しかない。

 STAP論文を「捏造」「改ざん」と切り捨てた理化学研究所に対して、「事実関係をよく理解していただかないまま不正と判定されてしまいました」と、反論した小保方ユニットリーダー。

■理研幹部は拍子抜け

 小保方さんがどんな「爆弾発言」をするのか、理研の幹部は緊張しながらテレビ中継を見ていたが、あまりに稚拙な主張に拍子抜けしたらしい。
「小保方さんが所属している神戸の研究所では、数十人の研究者が集まって主張に聞き入ったが、途中から苦笑、失笑が漏れ、最後は<不正を認めた調査委の結論は間違っていない>という空気になったようです」(理研事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  2. 2

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  3. 3

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る