日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

謹慎したから仕事くれ…板東英二「お涙頂戴作戦」の吉凶

「もういいや、と思いました。ここでちゃんといろんなことを書き残して、命絶ってもいいやと思いました」

 13日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)にゲスト出演した板東英二(74)がこう言った。

 12年12月に国税局から7500万円の申告漏れを指摘され、レギュラー全9本を降板して昨年2月に芸能活動を自粛。今年2月に本格復帰するまで1年間の謹慎生活の中では、自殺まで考えたことを告白した。「最初の2カ月間は大阪の自宅で引きこもり生活。まるで逃亡者のようだった」と話すと、“謹慎ネタ”は止まらなかった。

「飛び降りることができそうなビルの屋上へ2度ほど下見に行ったんです。ところがね、そう簡単に死ねるもんじゃないんですよ。たぶんね、12階以上じゃないとダメでしょうね。5、6階では(地上に)植木とかあって、走りながら飛ばないと。眠剤(睡眠導入剤)を集めたりもした。でも、このままの板東だと思われるのが嫌で…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事