謹慎したから仕事くれ…板東英二「お涙頂戴作戦」の吉凶

公開日:  更新日:

「もういいや、と思いました。ここでちゃんといろんなことを書き残して、命絶ってもいいやと思いました」

 13日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)にゲスト出演した板東英二(74)がこう言った。

 12年12月に国税局から7500万円の申告漏れを指摘され、レギュラー全9本を降板して昨年2月に芸能活動を自粛。今年2月に本格復帰するまで1年間の謹慎生活の中では、自殺まで考えたことを告白した。「最初の2カ月間は大阪の自宅で引きこもり生活。まるで逃亡者のようだった」と話すと、“謹慎ネタ”は止まらなかった。

「飛び降りることができそうなビルの屋上へ2度ほど下見に行ったんです。ところがね、そう簡単に死ねるもんじゃないんですよ。たぶんね、12階以上じゃないとダメでしょうね。5、6階では(地上に)植木とかあって、走りながら飛ばないと。眠剤(睡眠導入剤)を集めたりもした。でも、このままの板東だと思われるのが嫌で…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る