謹慎したから仕事くれ…板東英二「お涙頂戴作戦」の吉凶

公開日: 更新日:

「もういいや、と思いました。ここでちゃんといろんなことを書き残して、命絶ってもいいやと思いました」

 13日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)にゲスト出演した板東英二(74)がこう言った。

 12年12月に国税局から7500万円の申告漏れを指摘され、レギュラー全9本を降板して昨年2月に芸能活動を自粛。今年2月に本格復帰するまで1年間の謹慎生活の中では、自殺まで考えたことを告白した。「最初の2カ月間は大阪の自宅で引きこもり生活。まるで逃亡者のようだった」と話すと、“謹慎ネタ”は止まらなかった。

「飛び降りることができそうなビルの屋上へ2度ほど下見に行ったんです。ところがね、そう簡単に死ねるもんじゃないんですよ。たぶんね、12階以上じゃないとダメでしょうね。5、6階では(地上に)植木とかあって、走りながら飛ばないと。眠剤(睡眠導入剤)を集めたりもした。でも、このままの板東だと思われるのが嫌で…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る