日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クボジュンを彷彿 NHK和久田麻由子アナの“異色キャラ”

 先月27日の鯛釣りリポートを見た人は、初めてクボジュン(久保純子)を見たときの驚きを思い出したのではないか。

 お堅い「NHKのアナウンサー」というよりは民放のアイドルアナみたい、もっと言えば高校の放送部の生徒みたい、そんな新鮮さを振りまいていた。NHK「おはよう日本」の和久田麻由子アナ(25)のことだ。

 この4月、岡山放送局から東京アナウンス室に移動し、土、日曜日の同番組を担当することになったばかり。にもかかわらず物おじすることなく朝からハイテンションで、近田アナを相手にダジャレをポンポン飛ばしたり、リポートで鯛めしを食べるシーンでは、まだ口の中にご飯が入ってるのに「フワーッて、鼻に抜けるような……」とやって、「あ、食べながらしゃべっちゃいました!」。久々に「キャピキャピ」という言葉を思い出したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事