クボジュンを彷彿 NHK和久田麻由子アナの“異色キャラ”

公開日:  更新日:

 先月27日の鯛釣りリポートを見た人は、初めてクボジュン(久保純子)を見たときの驚きを思い出したのではないか。

 お堅い「NHKのアナウンサー」というよりは民放のアイドルアナみたい、もっと言えば高校の放送部の生徒みたい、そんな新鮮さを振りまいていた。NHK「おはよう日本」の和久田麻由子アナ(25)のことだ。

 この4月、岡山放送局から東京アナウンス室に移動し、土、日曜日の同番組を担当することになったばかり。にもかかわらず物おじすることなく朝からハイテンションで、近田アナを相手にダジャレをポンポン飛ばしたり、リポートで鯛めしを食べるシーンでは、まだ口の中にご飯が入ってるのに「フワーッて、鼻に抜けるような……」とやって、「あ、食べながらしゃべっちゃいました!」。久々に「キャピキャピ」という言葉を思い出したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る