女子ジャンプを必死に支えてきた 渡瀬あゆみ「父娘貧乏物語」

公開日: 更新日:

 高梨沙羅(17)のメダル取りが注目されている女子ジャンプはソチ五輪から正式種目として採用されるが、これまではマイナー競技のひとつに過ぎなかった。
 選手たちは資金面での苦労が絶えず、長いこと競技を続けるのは厳しい状況だった。ナショナルチームのコーチを務める山田いずみ氏とともに女子ジャンプの草分け的存在でソチの代表候補でもある渡瀬あゆみ(29)も例外ではなかった。

 父親で監督も務めていた渡瀬弥太郎氏(前日本代表女子チーフコーチ)とともに所属していたスキーチームが07年に廃部となり、親子で所属先を失った。その後は父親とともに所属先探しに奔走。同年8月には神奈川県内のクリニックに所属が決まった。11年4月にはソチ五輪での女子ジャンプの実施が決定。同年の世界選手権では7位に入るなど順調だった。

 ところが、会社の体制が変わり、親子共々、所属先から支援を打ち切られた。五輪への採用が決まったとはいえ、当時はまだ女子のジャンプ選手が存在することすらあまり知られていなかった。当然、スポンサーなど見つかるはずもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る