女子ジャンプを必死に支えてきた 渡瀬あゆみ「父娘貧乏物語」

公開日:  更新日:

 高梨沙羅(17)のメダル取りが注目されている女子ジャンプはソチ五輪から正式種目として採用されるが、これまではマイナー競技のひとつに過ぎなかった。
 選手たちは資金面での苦労が絶えず、長いこと競技を続けるのは厳しい状況だった。ナショナルチームのコーチを務める山田いずみ氏とともに女子ジャンプの草分け的存在でソチの代表候補でもある渡瀬あゆみ(29)も例外ではなかった。

 父親で監督も務めていた渡瀬弥太郎氏(前日本代表女子チーフコーチ)とともに所属していたスキーチームが07年に廃部となり、親子で所属先を失った。その後は父親とともに所属先探しに奔走。同年8月には神奈川県内のクリニックに所属が決まった。11年4月にはソチ五輪での女子ジャンプの実施が決定。同年の世界選手権では7位に入るなど順調だった。

 ところが、会社の体制が変わり、親子共々、所属先から支援を打ち切られた。五輪への採用が決まったとはいえ、当時はまだ女子のジャンプ選手が存在することすらあまり知られていなかった。当然、スポンサーなど見つかるはずもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る