「決着つける!」 内田裕也vs樹木希林の“あうんの呼吸”

公開日:  更新日:

「話題づくりがうまい」という声もある。
 ロケンロールな内田裕也(74)がツイッターで<近いうちに必ず決着をつけてやる!>とほえまくっている。

 誰と決着をつけるかといえば、内田いわく<KK>、妻で女優の樹木希林(71)のこと。
 まあ、気持ちは分からないでもない。

 全身がんであることを告白している樹木が17日に行われた囲み取材で、「おまえは1人で逝ってくれ。ハンコは分かるところに置いておけ」と内田から言われたと暴露。要するに、内田から「遺産を半分よこせ」と言われたとほのめかしたわけだ。樹木は「ロックには負けますよ」とも話していたが、そこまで小バカにされたら、お金よりラブ&ピースな内田にすれば、立つ瀬がない。

 内田は今月11日に、HKT48の指原莉乃(21)とコラボした、実に29年ぶりのシングル「シェキナベイベー」を発売したばかり。そんな大事な時期に余計なことを、と内田は言いたいらしい。

「2人は、かれこれ40年近くも別居状態が続いていますが、そこはそれ、“あうんの呼吸”もあるでしょう。今回の2人のバトルはネット上でも話題になっている。いい宣伝になっています」(芸能リポーター)

 終わり良ければ、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る