日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コスパは「花咲」が最強 今期話題ドラマの制作費はいくら?

「この番組はいくらで作っているのか」
 テレビを見ていて制作費が気になる人も多いはず。そこで各局がどれだけ番組に制作費を費やしているかを5回にわたって取り上げる(金額はいずれも推定、1時間ギャラ込み)。

 最初は連続ドラマ。今クールはメガヒットはないものの、話題作がチラホラ。NHK朝ドラ「ごちそうさん」が終了して直後、ヒロインだった杏が主演していることで注目を集めた「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)。杏は銀行内の調査をする「臨店」担当のOLで、最後に「お言葉を返すようですが」と相手をやり込めるシーンが痛快だ。この制作費は1話3500万円~。フジテレビやTBSは多くがそれ以上を投じるが、日テレは安く上げる。それでいて「花咲舞」は16%近い平均視聴率を稼いでいるから、コストパフォーマンスも抜群にいい。

「内容が簡潔で、しかも1話完結。視聴者にとってリラックスして楽しめる作品になっている。総合的に今クールのベストワンではないか」(ドラマ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事