浅利慶太に「認知障害」報道…劇団四季“絶対君主”の功罪

公開日: 更新日:

突然の社長退任

 劇団四季が大揺れだ。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などを上演する劇団四季の浅利慶太氏(81)が突如、社長退任を発表して話題になっている。退任は本人の意向によるもので、25日に開かれた劇団四季の運営会社「四季」の定例取締役会で受理。浅利氏は取締役も退いたが、今後は「演出家」の肩書で、劇団の演出は続ける予定だという。

 浅利氏は発売中の週刊新潮に「認知障害」と報じられたばかり。今月には11年以上在籍した劇団員に対して計37億円ものボーナスを奮発すると宣言するなど、迷走ぶりが心配されていた。劇団四季は昨年、創立60周年の節目を迎えたタイミング。天皇とも絶対君主ともいわれた浅利氏の社長退任は何を意味するのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「日本のミュージカルブームを作り、鹿賀丈史や市村正親といった名優を輩出してきたという、大きな功績がある人。ただ、“浅利天皇”の犠牲になった人は多いでしょう。劇団四季には“芸能悲哀史”的なものを感じています。劇団員の女優を愛人にしてきたことは有名で、今の奥さんもそう。典型的なワンマン体質が成り立っていたせいで、浅利氏はやりたい放題、自分の思い通りに物事を進めてきた。そうなると、居心地が良すぎて後進にそのイスを譲らなくなる。好きなことができる→ストレスもない→病気もしない→長生きする、といった具合。劇団内でヒエラルキーを形成し、シンパを作り、優秀だけど自分になびかない人間が出てくると、『おまえには素質がないから田舎に帰れ』とクビにする。劇団四季には、そういった古い体質がまだ残っていた。今回、認知症の情報を週刊誌にリークすることによって首に鈴をつけられたのは、氏の目が行き届かなくなってきた証拠。一時代を築いたとはいえ、もう潮時ということです。これを機に、劇団内も正常な状態になっていくんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る