浅利慶太に「認知障害」報道…劇団四季“絶対君主”の功罪

公開日:  更新日:

突然の社長退任

 劇団四季が大揺れだ。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などを上演する劇団四季の浅利慶太氏(81)が突如、社長退任を発表して話題になっている。退任は本人の意向によるもので、25日に開かれた劇団四季の運営会社「四季」の定例取締役会で受理。浅利氏は取締役も退いたが、今後は「演出家」の肩書で、劇団の演出は続ける予定だという。

 浅利氏は発売中の週刊新潮に「認知障害」と報じられたばかり。今月には11年以上在籍した劇団員に対して計37億円ものボーナスを奮発すると宣言するなど、迷走ぶりが心配されていた。劇団四季は昨年、創立60周年の節目を迎えたタイミング。天皇とも絶対君主ともいわれた浅利氏の社長退任は何を意味するのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「日本のミュージカルブームを作り、鹿賀丈史や市村正親といった名優を輩出してきたという、大きな功績がある人。ただ、“浅利天皇”の犠牲になった人は多いでしょう。劇団四季には“芸能悲哀史”的なものを感じています。劇団員の女優を愛人にしてきたことは有名で、今の奥さんもそう。典型的なワンマン体質が成り立っていたせいで、浅利氏はやりたい放題、自分の思い通りに物事を進めてきた。そうなると、居心地が良すぎて後進にそのイスを譲らなくなる。好きなことができる→ストレスもない→病気もしない→長生きする、といった具合。劇団内でヒエラルキーを形成し、シンパを作り、優秀だけど自分になびかない人間が出てくると、『おまえには素質がないから田舎に帰れ』とクビにする。劇団四季には、そういった古い体質がまだ残っていた。今回、認知症の情報を週刊誌にリークすることによって首に鈴をつけられたのは、氏の目が行き届かなくなってきた証拠。一時代を築いたとはいえ、もう潮時ということです。これを機に、劇団内も正常な状態になっていくんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る