浅利慶太に「認知障害」報道…劇団四季“絶対君主”の功罪

公開日:  更新日:

突然の社長退任

 劇団四季が大揺れだ。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などを上演する劇団四季の浅利慶太氏(81)が突如、社長退任を発表して話題になっている。退任は本人の意向によるもので、25日に開かれた劇団四季の運営会社「四季」の定例取締役会で受理。浅利氏は取締役も退いたが、今後は「演出家」の肩書で、劇団の演出は続ける予定だという。

 浅利氏は発売中の週刊新潮に「認知障害」と報じられたばかり。今月には11年以上在籍した劇団員に対して計37億円ものボーナスを奮発すると宣言するなど、迷走ぶりが心配されていた。劇団四季は昨年、創立60周年の節目を迎えたタイミング。天皇とも絶対君主ともいわれた浅利氏の社長退任は何を意味するのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「日本のミュージカルブームを作り、鹿賀丈史や市村正親といった名優を輩出してきたという、大きな功績がある人。ただ、“浅利天皇”の犠牲になった人は多いでしょう。劇団四季には“芸能悲哀史”的なものを感じています。劇団員の女優を愛人にしてきたことは有名で、今の奥さんもそう。典型的なワンマン体質が成り立っていたせいで、浅利氏はやりたい放題、自分の思い通りに物事を進めてきた。そうなると、居心地が良すぎて後進にそのイスを譲らなくなる。好きなことができる→ストレスもない→病気もしない→長生きする、といった具合。劇団内でヒエラルキーを形成し、シンパを作り、優秀だけど自分になびかない人間が出てくると、『おまえには素質がないから田舎に帰れ』とクビにする。劇団四季には、そういった古い体質がまだ残っていた。今回、認知症の情報を週刊誌にリークすることによって首に鈴をつけられたのは、氏の目が行き届かなくなってきた証拠。一時代を築いたとはいえ、もう潮時ということです。これを機に、劇団内も正常な状態になっていくんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る