元TBSアナ吉川美代子氏 フジ番組で“古巣に苦言”の波紋

公開日: 更新日:

 吉川氏が長年在籍したTBSでも“女子アナ”のアイドル化は顕著だそうで、「採用試験でも、アクセントや声より、華がある人とかスター性がある人を採ってくださいという形になってきた。『私の笑顔でみなさんを明るくしたい』とか言う子がいるけど、だったらタレント事務所に入りなさいという感じ」とバッサリ斬り捨てた。「育てることをしなくなった放送局にも責任がある」と指摘する吉川氏の舌鋒に、渡辺アナは「研修を受けているような気持ちになりますね……」とタジタジだった。

 上智大教授の碓井広義氏(メディア論)はこう言う。

「“女子アナ”の総本山ともいえるフジテレビの番組で発言したことに意味があると思います。これまで、女子アナ批判というのはテレビは自分自身のことだからもちろんしないし、他のメディアが批判しても聞く耳なんて持ちませんでした。それが、内部から“足を洗った”吉川さんが言うことでようやく明解になった。主張は至極まっとうで、女性アナウンサーをやりきった吉川さんに言われては誰も反論できないでしょう。一昔前に比べて最近は女子アナに対する視聴者の目もクールになってきていて、『局アナ=タダで使える社内タレント』の存在を喜ぶ視聴者も減っていると感じます。そういった空気がある今、吉川さんの言葉や行動には非常に意味がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

もっと見る