小林旭が語った 東てる美「イジメられ舞台降板」騒動の真相

公開日: 更新日:

 この日の囲み取材では騒動に関する質問も報道陣から向けられた。

「あの人だけに特別じゃないんですよ。あちらが、抵抗というか反抗というかそういう言い方をなさったので、少し声を荒らげただけ。それだけなの」

 まずは、現場にいたという浅丘が小林の気持ちを代弁するかのようにフォロー。それを受けて本人は「少しでもお客さまに楽しんでほしい。それに端を発して『いまのは違うだろ!』『やってますよ!』『やってねえじゃねえか、この野郎』って。それでよくなっていくもの。(共演者のひとりである)松方(弘樹)にもしかり。日活の大部屋の方が凄かった。僕は蹴られたこともあるしね」。

 大衆娯楽のために生きているとも語っていた小林。その道60年、プロ意識の高さゆえ、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る