実写版ルパン三世 黒木メイサの「峰不二子」は大アリだった

公開日: 更新日:

 実写化が明らかになってからというもの、「黒木メイサの峰不二子」は最大の懸念材料に挙げられていた。

 いよいよ30日に一般公開を控えた小栗旬(31)主演の映画「ルパン三世」。誰もが知る不朽の名作アニメだけに何かと話題だが、その中でも黒木メイサ(26)が演じる実写版の不二子ちゃんには手厳しい意見が多い。

「貧乳なのに」「色気が足りない」という不安の声だけでなく、ネット上では「私だったらこの女優を選ぶ」といったまとめサイトまでできる白熱ぶりだ。そこに黒木の名前はなく、代わりに米倉涼子吉瀬美智子沢尻エリカ、仲里衣紗、長澤まさみといったセクシー女優として実績のある名前が並ぶほか、藤原紀香や杉本彩といった熟女まで……。後者の2人は、もはや小栗とのバランスを完全に無視したキャスティングだが、ルパンファンにとって永遠のヒロインへの並々ならぬこだわりは伝わってくる。

 で、実際はどうなのか。一足先にマスコミ向けの試写を見た本紙記者の感想は、黒木の不二子ちゃんは「大あり」だ。

 たしかに胸の谷間は物足りない。それでも、胸元を強調するドレス姿ではそれなりの凹凸がスクリーンにドーン。原作のバスト99・9センチに近づけるべく、シリコーン注入説や特撮説も飛び交ったが、おそらく、自前だろう。黒のライダースーツ姿はガッカリ感が否めないが、持ち前の足の長さでカバーする。いつもと違うお色気全開のセクシーメークもバッチリ。つかこうへいの舞台で鍛えられた女優だけに、アクションシーンでも見せ場をつくる。8キロも減量し役づくりに挑んだ主演の小栗旬と並んで、登場シーンやセリフが多いのも、製作サイドの自信の表れだろう。公開後、ブーイングが飛ぶとすれば、むしろ、コミカルすぎてあちこちから失笑が漏れていた綾野剛の石川五ェ門の方か。

 上映時間は2時間13分。小栗の妻の山田優もスッチー役で登場し、夫の主演作に花を添えるが、黒木メイサの“貧乳”峰不二子はいい意味で期待を裏切るキャスティングといえるほどのハマリ役だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”